ワンワンワンワン吠えるときは

犬がワンワンワンワン、と吠えているときは何か要求があるときだそうです。サークルの中に入っているときに「わんわんわんわん」吠えるのは「出して?」のサインだそうです。こういうときは扉をあげてあげると大喜びで飛び出してくるそうです。サークルの中で留守番をしていた犬だと、とにかく散歩にいきたーいということかもしれないそうです。フード皿の前で「ワンワンワンワン」吠えていたら、それは「腹減った」のサインだそうです。とにかく「おなかすいたー」ということを言っているそうですが、食事の時間以外に餌をやったりすると、吠えたら「ご飯がもらえる」と思ってしまって、食いしん坊でわがままな犬になってしまうそうです。犬の世界でもメタボが問題になっているかと思いますが、犬のためにもおやつのあげ過ぎはやめておくことがよいそうです。「ワン!」と短く吠える時は「ちょっと!」ととりあえず声をかけた感じだそうです。ちょっと声をかけただけということだそうですが、面白いですね。実は犬というのは本来は外敵に居場所を察知されないようにあまり吠えずに生活しているそうです。飼い主に吠えたりするのは、吠えたら要求が通ると学習したからだそうです。だから「わんわんわんわん」と何度も吠え続けるときは要求いているということですが、「わん」と一声のときは「言ってみただけ」的なもののようです。仲間の犬相手に「ワン」と吠えるときは、「遊ぼう」だそうです。このときの犬はお尻をあげたりしっぽをふったりして、遊びたいという表現をしているそうです。ただ、知らない者同士が吠え合ったりしているのは、警戒のサインかもしれないそうです。喧嘩するかもしれないのでよく観察をしなければならいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です