キャインやアオーンはどんなとき?

子犬は母犬に向かって吠えたりしないそうです。犬同士というのは吠えてコミニュケーションはしないそうです。なぜなら犬の鳴き声というのは言語ではないからだそうです。犬同士で吠えあっても会話をしているわけではないそうです。子犬が母犬に意思を伝えたい時は、顔をなめたりするそうです。では「キャインッ」というような悲痛な鳴き声を出す時はどんなときでしょうか。これは犬が痛がっているということだそうです。突然のハプニングに対する驚きと、身体的な苦痛が重なっての声だそうです。とても辛そうで、聞いても辛いです。犬が悲鳴のような鳴き声を出しているのは、「痛い」「怖い」などのマイナスな感情からだそうです。また、もし何もないのに悲痛な鳴き声を出していたら、怪我をしているかもしれないし、体調が悪いのかもしれないそうです。「アオーン」と遠吠えするのは、狼のような気分になっているようです。もともと狼は犬の祖先とされているそうです。遠くにいる仲間に向かって「ここだよー」と自分の存在をアピールしているそうです。犬のDNAにも狼のものが残っているようです。これは室内犬にも見られるようです。一匹が「アオーン」と遠吠えすると、あちこちから遠吠えが聞こえてきたりするかと思います。現代の犬も人間社会に馴染んだといっても、昔の血が騒ぐといったところかもしれません。野生気分になっていると思って見守ってやりたいと思います。「くーん」と鼻にかかったようなか細い声で鳴いたりすることがあるかと思います。「寂しいよ」といじけている可能性もあるようです。これはペットホテルや病院、トリマーに預けるときなどに聞くことが多いようです。どうやら吠えるより甘えたほうが飼い主がわかってくれると学習している場合もあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です