犬は人間の友達としてそばにいた

犬は人間の友達とよくいいます。犬というのは、縄文時代の頃には、人間と一緒に行動をしていたそうです。縄文時代というと1万年前ぐらいのようですが、そんな時代から行動をともにしていたというのは驚きました。犬は当時から「コンパニオンアニマル」としての存在だったようです。それは、この時代の地層から発掘されたものでわかるそうです。丁寧に埋葬された犬の骨などが出てきたり、治療をした痕跡があったりして、いかに大事にされていたかわかるようです。犬は縄文時代の頃からとても大事に扱われていたようです。縄文人たちが犬の世話をするばかりというわけではなかったようです。その関係性は、ギブアンドテイクといったようなものだったそうです。犬は食料を分けてもらったりする代わりに、狩猟のお手伝いをしたりしたそうです。また集落に外から敵が来たときなどは、吠えまくって危険を知らせたりする役目を担っていたそうです。最近では犬を番犬として飼っている人はあまりいないかと思います。そもそも庭に出して飼っているお宅を見かけないような気がします。ちなみに縄文時代の犬の骨を見ると、サイズ的には現代の柴犬に近いそうです。その骨はとてもたくましく、現代よりもずと太いということのようです。体つきはがっしりしていたのでしょうか。その後は、明治に入るまでは、日本が島国ということもあって、柴犬というのは海外の犬と血がまじるということがなかったそうです。柴犬が日本古来の犬として定着したそうです。柴犬は、時には猟犬、時には番犬として、人間とともにあり続けているといってもいいそうです。犬と人間はずーと友達という感じのようです。柴犬は世界的に人気ですが、縄文人と一緒に頑張っていたと思うと楽しいような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です