柴犬の防衛本能について

犬にも認知症があるそうです。人間と同じように加齢によって脳の変化があるそうです。行動などに障害が現れたりするそうです。認知症が発生するそうです。柴犬はとくに認知症に注意だそうです。発症するとぐるぐると旋回する、夜鳴きをする、トイレを失敗するということがあるそうです。柴犬というのはとても高い防衛本能があるそうです。そこを買われて人間と暮らすようになったそうです。縄文時代には焚き火や集落を守ってたそうです。そのようなことはつい数十年前までは家を守る番犬として活躍していたそうです。今は番犬として犬を飼っているお宅は少なくなってきたかと思いますが、犬の方は「守る」という気持ちは今も健在だそうです。家で飼われていても何かを守ろうとする意識というのはあるそうです。それは大好きなおもちゃだったり、自分の部屋でもあるクレートだったりとさまざまだそうです。家で飼われているのに何から守っているのかというと、それは飼い主さんからだそうです。家の中で敵というのはお客さんがいない限りは飼い主さんになりがちだそうです。そのため守っている何かに飼い主さんがちょっかいをだしたとたんに、ウーウーと唸ったり、吠えたりするそうです。戦う気満々だそうです。柴犬の唸り顔というのは、とても迫力があるかと思います。けれど、執着を放っておいたら手に負えなくなったりするそうです。できるだけ柴犬が執着しないように、もっと犬が好きなもの、例えばおやつなどと交換するようにした方がいいそうです。柴犬というのは、聞こえないふりをしたり、そっぽを向いたりするそうです。気分にムラがあって、頑固で思うがままに行動するそうです。おやつを出した瞬間ピシッとおすわりをしたりするそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です