トイレは室内か外かについて

柴犬というのは、カッとしやすいところがあるそうです。そんな衝動を発散する手段ということでしっぽ追いをしたりするそうです。ただ、常道障害という心の病気もあるそうです。しっぽ追いで度が過ぎていることが長く続く場合は注意が必要だそうです。多くの犬は散歩を楽しみにしているそうです。食事の時間も大好きだそうですが、散歩も同じぐらい大好きだそうです。柴犬というのは犬の中でも特に散歩が大好きだそうです。これは柴犬というのはトイレを外でするからだそうです。現在は家で飼われている犬が多いそうで、トイレも家の中でするというのもマナーというふうにいわれているそうです。ただ、家の中で飼われていた愛玩犬というのとは違う猟犬や番犬として飼育されていた犬種にとっては、トイレというのは外でするものなのだそうです。庭先で飼われていたりすると、トイレをそのへんでしてしまうと寝床が汚れるという気持ちもあったそうです。それで清潔を保つために「トイレは寝床から離れた場所」ということで「散歩中の外」ということになっているそうです。犬が外でおしっこをするのは、マーキングをしているからだそうです。ここを通ったということを示しているそうです。犬が外で排泄をするというのはとても自然なことなのだそうです。そのため、排泄を室内でというしつけは犬にとってはなかなか難しいところがあるそうです。排泄ということもあるので、雨が降ろうと風が吹こうと、散歩をしたがる子が多いのだそうです。一方で犬というのは濡れるのが嫌いなのだそうです。野生の頃に水に濡れると体温が下がって命の危険もあるということで、雨が嫌いなのだそうです。雨に濡れたら犬は悲壮感を漂わせたりしますが、本当に嫌いなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です