介助犬の存在と活躍

ペットとして、大変人気の高いレトリバー種の犬種ですが、レトリバー種の特徴的な気質でもある、フレンドリーさや、遊び好きな性格は、障害者のサポートを行う介助犬に向いているとも言われています。盲導犬や聴導犬のと伴に、補助犬と称される「介助犬」は、日本国内には、50頭前後ほどしか認定を受けていないようですが、介助犬をパートナーとして生活を送る事で、その生活の質が向上すると考えられている障害をもつ人々は、1万人以上いるとも考えられています。介助犬は、ユーザーが必要とするサポートを、付添い人の変わりとして、常にユーザーを見守るような役目を果たしてくれる賢く心優しい働く犬たちの事を言います。彼らの存在は、その歴史が浅いこともあり認知度は低くはありますが、障害をもつ人々にとっては、かけがえのない貴重な存在でもあります。介助犬の活動の一部としては、車いすや手足の不自由なユーザーに変わって、ドアを開け閉めしたり、戸棚の扉や引き出しを開ける、冷蔵庫から必要とされるものをもってくる、ユーザーが落し物をした際に拾ってくれる、衣服の着替えの介助などがあげられます。また、介助犬がいる事で、街中の健常者や周囲の人々が、暮らしの中で第三者の助けを必要とするユーザーの存在に気付く事もできるようです。なかなか、見ず知らずの人にサポートなどの手助けをする際の声掛けをする事は、健常者側も勇気の必ような事であると感じる人々も多いようですが、介助犬が傍にいる事で、その存在や醸し出す雰囲気にリラックスする事でき、気軽な声掛けやサポートを行うようなコミュニケーションが取り易いと感じる人々もいるようです。介助犬が、人々の暮らしに導き出す可能性は未知数とも考えられ、今後の活躍が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です