犬に服を着せることのメリット

犬に服を着せるという行為はしばしば批判されます。それは犬の快適さとは関係の無い行為であり、人間の自己満足に過ぎないと考えられるからです。しかし実際は犬の服にも利点が幾つかあります。もちろんその利点のみで正当化するのは無理がありますが、飼い主としては色々な情報を持っておいた方が良いでしょう。ここでは犬の服のメリットを簡単にご説明することにします。まず誰もが思いつきやすいメリットとしては、気温調節できる点が挙げられます。特に冬場で服を着せてあげると、寒さから守ってあげることも出来ます。実は犬は元々スムーズに体温調節できる動物でしたが、徐々にその能力が低下しています。原因は色々ありますが、人間の手によって品種改良されたこともその一つです。体温調節できない犬は、エアコンが効いている室内ならまだしも、室外では快適に過ごすことが出来ません。冬になっても冬毛が生えないからです。彼らに寒い環境下で服を着せてあげることは、それなりに意味のある行為なのです。服は冬場を中心に活躍しますが、夏でも役立つことがあります。服を濡らして着せると、熱中症を防ぐことが出来るからです。例えばシベリアンハスキーを真夏に散歩させる時、そうした対策を施すことが考えられます。犬の服のメリットの二つ目は、抜け毛の掃除が楽になることです。室内で飼っている犬に服を着せると、換毛期に毛を落とされずに済みます。換毛期は年に二回訪れますが、その時は大量の毛が家中で発見されることになります。処理する量をなるべく抑えるためにも服は有用なのです。この抜け毛対策は盲導犬や介助犬にも適用されており、彼らが服らしきものを身に付けているのはよく見かけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です