理想的な日本犬の条件について

運動能力が高く、山でも何でもどんどん進む感じがするのが犬ですが、やはり犬も育った環境によっては強かったり、気が弱かったり、おおらかだったりということがあるそうです。犬というのは世界どの国でも、忠誠心があるという気がします。飼い主さんの命令を聞くし、飼い主さんを守ろうとしたりするかと思います。ただ、これはしつけをしておかないといけないそうです。日本犬の理想的な姿は、勇敢でたくましい精神力を持っていることであるそうです。また、忠実であるということも大切だそうです。忍耐力もあって、強い警戒心も必要だそうです。素朴であることも大切だそうです。素直で飾り気がない気品というのはあるかと思います。とても素晴らしい気質だと思います。日本犬というのは、勇敢で警戒心が強いというイメージがあるかと思います。おおらかな人懐っこいという日本犬もいるそうです。ただ特に柴犬というのは、独立心が旺盛ということがあるそうです。シーズー犬だからとか、チワワだからとかというよりも、子犬時代の経験というのはとても大きいような気がします。犬というのは忠誠心があると思いますし、大切にしたら犬の方も大切に思ってくれるような気がします。反対に、いじめられたりしても、からだの小さな犬などはやり返すこともできなかったりして、いつも怯えている犬になったりするかと思います。保護されて良い環境になると、元気になったりするので、信頼関係が築けるように人間の方が考えないといけないと思います。愛犬の自立心を見守るということも大切ですし、適度な距離感を見つけ出すのも人間の役目だと思います。可愛がりすぎたりしてわがままになるのはまだ可愛いですが、過剰になると犬のためにもよくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です