犬を飼うなら(トイレ編)

排泄に関しては、トイレトレーニングに時間がかかる子もいますので、しばらくは、飼い主さんは、糞尿との格闘であると覚悟しておきましょう。トサークルの中などに、排泄物をみつけたら、即、クリーニングする事で、周囲への拡散を防ぐ方法となります。また、仔犬自身も、排泄物によって汚れてしまい事もあるかとは思われますが、そのような場合は、気付いた時点で洗浄してあげるようにしましょう。そのような時に、大きな声を出して名前を呼んだり、飼い主さんがヒステリックな声を出すような事があると、飼い主さんに対しての悪い印象が残ってしまう可能性もありますので、そのような排泄のトラブルがあっても淡々と接することが大切です。時期がくれば、トイレトレーニングを覚えるようになりますので、その期間までの辛抱です。いつの日か、あんな時期もあったなと、愛犬たち成長した姿をながめながら懐かしく振り返るような日も訪れるのですから、飼い主さんは、仔犬の全てのハプニングを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です